生乳本来のおいしさを楽しめるのは低温殺菌牛乳!

牛乳の中のタンパク質や乳脂肪(にゅうしぼう)、乳糖、ミネラルは、からだに吸収されやすいかたちになっています。
また牛乳には、毎日必要なカルシウムがたくさんふくまれています。
通常市販されてる牛乳の9割以上が高温殺菌ですが、宮平低温殺菌牛乳は何が違うのでしょうか?
それは、牛乳を殺菌する温度と時間に違いがあります。
・低温殺菌は、65度で30分間加熱し殺菌。
・高温殺菌牛乳は、130度で2秒間加熱し殺菌。

低温殺菌牛乳の特徴は?

低温殺菌牛乳は、65度で30分間かけてゆっくりじっくり加熱し殺菌します。
乳の殺菌をする際に、悪い菌が殺せる最も低い温度65度、30分で加熱殺菌した牛乳と言うことです。
熱による変化が少なく、生乳の風味が変化しにくいところが特徴です。

高温殺菌牛乳に比べ、殺菌効果を長く維持できないため賞味期限が短いという性質がありますが生乳本来のおいしさを楽しむ事ができます。

高品質を損なわないように乳脂肪分を低圧均質化し、牛乳に含まれている損失を少なくし低温殺菌により自然の恵みをそのままパックに詰め込んだ生乳に近い牛乳です。

低温殺菌牛乳は沖縄県内で宮平乳業ただ1社のみ!